スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ジェンナーロでマルゲリータを♪

国分町に5月NEWOPENした
ピッツェリア&トラットリア。

青葉区国分町。晩翠通の1本東。
県民会館(今は東京エレクトロンホール宮城か)の西側の小路を北へ。
居酒屋ちょーちょの北隣です。

Gennaro(ジェンナーロ)はイタリアナポリの守護聖人のこと。
「 薪窯で焼いたナポリピッツァと南イタリアの陽気な雰囲気が体感できる店」
ってのがコンセプトのピッツェリア&トラットリアだそうです。

ピッツァ美味しいけどちょっと高い。美味しいピッツァはあるけど他のメニューはない。
気楽に入れるトラットリア的なお店だけど、味がうーん・・・っていうお店は
いくつか浮かぶけど、ここは宮城にはないタイプの、カジュアルで気軽に入れる、
かつ美味しいお店だと思います。

平日のランチ利用です
メニューはピッツァ3種(各1,300円)かパスタ2種(各1,100円)。
ともにサラダ・自家製パン・コーヒー付き。

マルゲリータを頂きました。

まずはサラダと自家製パン。
サラダは3種類くらいのレタスとにんじん。
ビネグレットソースが爽やかでした。
自家製パンは少しでしたが、香りがとてもよくて。
薪窯で焼いたのかな。

R0212995_convert_20140729225753.jpg

トマトソース、モッツァレラ、バジルのシンプルなピッツァ。
30センチほどの大きさだけど、生地は薄めで額縁パリパリ
なので、女性の方でもペロっといけちゃうと思います。

まずもってこのカリっとした食感の額縁(縁っこね)が大好き。
齧った瞬間はカリっで、中はモチモチふっくら。
粉の香りもとってもいいですねー。

モッツァレラも薪窯の高温でないとこうならないですよね。
とろりん!って乳化して、トマトソースと同化してます。

オーダーはもちろんノンカット。
食べる分だけカットして、
最後まで美味しく頂きましたー。



調子にのってデザートも追加♪
マチェドニアとレモンシャーベット。

マチェドニアはフルーツコンポートのようなものかな。
いろんな果物が入ってるので、多民族国家のマケドニアに
なぞらえてつけられたそう。パイナップル・すいかなど(一気に食べたので憶えてない!)
がスパイスを加えて煮込んであって、グリーンピスタチオで美しく彩られてます。

レモンシャーベットも爽やかな酸味で。
マチェドニアの甘酸っぱいシロップと一緒に
頂くととってもいい気分になれました。

R0212999_convert_20140729225858.jpg

雰囲気も接客も気持ちのいいものでした。

R0212998_convert_20140729225837.jpg

ダ・ジェンナーロ



関連ランキング:イタリアン | 勾当台公園駅北四番丁駅広瀬通駅


スポンサーサイト

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

夕食当番

夕食当番。
最近作ったのをまとめてアップ。

ガパオ風のワンプレート。
スイートバジルなくても
それっぽくできました。



HBで生地作って、
手作りピッツァ。

R0212976_convert_20140727205659.jpg

冷しゃぶをミルフィーユ風に。
セルクル使うと、簡単ですよー。

R0212970_convert_20140727205636.jpg

ハーゲンダッツ。
最近ではこのレモンジンジャーが
美味しかったです。

P1010124_convert_20140727205750.jpg

夕食当番は定期的にためて
アップします~

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

アンソレイユさんでランチ♪

急に暑くなりましたね。
名古屋生まれ、名古屋育ちの私は
こんな暑さ大丈夫・・・のつもりが、
仙台3年目ですっかりこちらの気候に慣れちゃったみたいで。

あついものはあついいー!!!!

さて、忙しい中ですが、
大好きなアンソレイユさんでランチ。
チキンソテー 地元産玉ねぎとトマトの
サルサ風ソース添え。


相変わらずチキンが見えない野菜のボリューム。
じゃがいものレッドムーンに、
珍しいしまズッキーニの他、ズッキーニ2種など。
旬の野菜もたくさん食べられるので、
毎回楽しみなんです。



温かいきんせん茶と一緒に。
私は夏でもHOT派です。

R0212881_convert_20140722183802.jpg

看板娘ソフィちゃんも遊んでくれました。
身も心もリフレッシュできましたよ♪

R0212868_convert_20140722183721.jpg

アンソレイユ



関連ランキング:カフェ | 仙台市泉区その他


テーマ : cafe
ジャンル : グルメ

第3回パンシェア会はベーグル!

春にはじめたパンシェア会。
第3回はベーグルをお取り寄せしました。

会場はもちろん北四番丁のm table.さん
この大きなテーブルから素敵なご縁が広がってます。
おかげさまで今回も満席。



お取り寄せしたベーグルが届いたところ。
4店から約100個のベーグルが。すごい絵でしょ。

R0212769_convert_20140712175428.jpg

松戸のZopf
さすがだなあ。
むっちり詰まった生地。
限定の「抹茶黒豆」美味しかったー♪

R0212771_convert_20140712175450.jpg

川崎のbaglecompany
北海道産小麦と天然酵母。
食感は普通だけど、噛みしめるとじんわりと
小麦の旨味。きなこホワイト美味しかった♪

R0212772_convert_20140712175512.jpg

東京板橋のHIGU bagle
もちっとしたひきの強い生地。
ポパイやグリーンカレーなど
珍しいフレーバーがあって。
あ!グリーンカレー食べ損ねた(笑)

R0212773_convert</a>20140712175534.jpg

最後は京都のBrowny Bread & Bagles
懐かしいなあ。
愛知住んでた時、京都に行って買って、
初めておいしい!と思ったベーグル。
やっぱり美味しかった♪

R0212775_convert_20140712175555.jpg

フィリングも頑張って作りました。
かぼちゃ&さつまいもサラダ。

R0212796_convert_20140712175746.jpg

コンビーフ&アボガド。
缶を使ってレモンを添えた演出。

R0212799_convert_20140712175840.jpg

アンチョビマヨ卵。
これもアンチョビ缶を使って演出。

R0212794_convert_20140712175723.jpg

私のパンには定番の粒あん。
+マスカルポーネがこの日絶大な人気でした。

R0212797_convert_20140712175804.jpg

よっちの「百々一モッツァレラ」。
トマト&バジルと一緒に涼しげなカプレーゼ。

R0212813_convert_20140712175932.jpg

kajikiyaさんの
サラダミックスはワックスペーパーでキャンディ風の演出。
季節の15種類の野菜をミックス。これホント美味しい!
予約の上、美里町に行けば買えますよ。

R0212810_convert_20140712180009.jpg

きんぴらごぼうも。
意外にベーグルに合うんです。

R0212798_convert_20140712175822.jpg

今回のスペシャル。
アルフィオーレさんの生ハム類。
勉強会で食べた生ハムがあまりに美味しくって。

R0212791_convert_20140712175627.jpg

美味しいものはみんなで食べなきゃね。

R0212789_convert_20140712175611.jpg

次回は秋に開催。
再び日本一のパン「シニフィアンシニフィエ」の取り寄せを予定してます。
気になる方はコメント欄でご連絡を。今回も6名がはじめましてでした。

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

アル・フィオーレ「食について考える会」.

太白区向山のイタリアン「アルフィオーレ」で行われた
「食について考える会」に参加しました。

「食を豊かにして、心も豊かに」の目黒シェフが今日の先生。



今回は「お肉」がテーマです。

※以下ちょっと真面目に語ります。

黒毛和牛(写真左)と希少な日本短角種(写真右)を
比較しながら、畜肉の生産現場や流通、野生肉(ジビエ)や
家庭での美味しいお肉の焼き方、最近流行りの熟成まで。
目黒シェフの話をお伺いしながら、参加者が疑問に
思ったこと、感じたことを話し合うスタイル。

黒毛和牛はごく一般的に流通しているお肉(お値段は高いけどね)。
産まれてから24か月で出荷されることが多いのだそうです。
ここで疑問。牛ってどのくらいの寿命なんだろう?

馬のように25年ほどかと思っていたら、
50年以上も生きるんですね。

それをわずか2年で・・・。
しかも良質な脂(サシ)を効率的に入れるために、
狭い場所で高カロリーの飼料を与えられ、最後は脂身を締める
意味で少しダイエットしてから、屠殺場へ。
1頭100万という高い利益のため、又、柔らかいお肉(仔牛)を好む
日本人の嗜好のため、短いスパンで出荷されていくのだそう。

一方の日本短角種は7歳の経産牛!
岩手県岩泉町の広大な牧場で飼育されます。
1頭あたり1ヘクタールの、ミネラルが豊富な新鮮な牧草を食べて(俗にいうグラスフェッド)、
育つため、βカロテンが脂の色を黄色くするのが特徴。

7年もの間飼育するため、エサ代などのコストや、
飼育スペース、手間の問題を含め、1頭あたりの利益は約20万。
黒毛和牛が2年で100万ですから、ホント儲けは少ないわけです。
よって、日本には短角牛だけを育ててる方はいらっしゃらないそう。
牛肉全体からみた流通量も0.02%に限定されるそうです。

月齢・お産を経て、細胞が大きくなり、
肉質も固く引き締まったものになるんだそう。
そのままでは日本人の味覚には合わないため、
今回は3か月熟成したものをご用意されてました。
熟成ももちろん単純なものではなく、美味しく食べてもらうため、
目黒さんのさまざまな技が施されていましたけどね。

この後は、熟成やちょっと前に騒がれた加工肉(インジェクション)のこと、
ジビエ(野生肉)のことなど。この辺り書くととりとめもなくなるので、
今回は割愛させて頂きます。

R0212708_convert_20140705085733.jpg

このお肉が単純に美味しい、美味しくない。
安い、高いではなく、自分の血や肉となって身体に取り込まれる
食べ物のこととして考えてみる。1人1人が少しずつ意識すれば、
商売としての利潤ではなく、独自の哲学を持って飼育をされる方に目が向き、
流通構造が健全な方向に向くのではないか?

お肉だけじゃなく、普段食べるものについて。
どこから来て、どうやって作られて口に入るのか?
善悪ではなく、事実としてそれらを1つ1つ考え、
自分の中で咀嚼していけば、世の中はもっといい方向に向かうと思います。

・・・っていうことを目黒さんのお話を通じて、
感じてまとめた次第です。

R0212721_convert_20140705085756.jpg

その後は美味しいお肉の焼き方を教わりつつ、食事タイム♪
大事なポイントは①お肉を常温に戻しておくこと、
②タンパク質が変性する63℃から68℃の間で火入れすること。


そうすればお肉の中で肉汁が逃げることなく対流し、加熱できるそう。
具体的には「表面をフライパンで焼きつけ65℃まで加熱⇒5分焼いたら
次は100℃のオーブンで10分⇒10分休ませ、また100℃のオーブンで10分」で出来上がり
だそうです。この65℃がポイントだそうですよ。実際にお肉を触って慣れるしかないそうですが。

R0212731_convert_20140705085818.jpg

まず黒毛和牛。
当然のように美味しいけど、
この量で十分。最後は脂がちょっとしつこく感じる。

R0212734_convert_20140705085857.jpg

そして日本短角種。
!!!!!!!!!!!!!!!!!
見た目も素晴らしく食欲をそそる赤ですが、
お肉ってこういう味もするのかー!?
って茫然としちゃう味。

甘味、酸味などが入り交った複雑な味。
どこから来たお肉かを理解してるので、
美味しいって一言では片付けられませんね。
以前柳家でこういう感動を味わいましたが、お肉で感動したのはそれ以来ですね。

R0212728_convert_20140705085838.jpg

脇役であるはずのお野菜や、
シャルキュトリもとんでもなく美味しくて。

R0212737_convert_20140705085915.jpg

当日お願いして、生ハムやサラミを次の日にご販売頂きました。
火曜日のパンシェアで参加者の皆さんと共有したいと思います。
美味しいものは皆で食べないとね!

R0212753_convert_20140705085934.jpg

次はちゃんと予約して
ディナーを食べに来たいと思います!

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

プロフィール

まなちん

Author:まなちん
愛知県出身。
仙台市在住の
おっさんです。

カフェを愛してます。
食べログカフェ部門全国NO1

食べログレポはリンクから!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FCカウンター
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。