スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むらさきの「きりたんぽ」と「比内鶏」

大館市にあるきりたんぽ料理のお店。

秋田に出張に行った時の
お昼ご飯でお伺いしました。



名物が少しずつ食べられるセットもあったけど、
店員さんがテーブルできりたんぽを
作ってくれる「特上!きりたんぽ鍋(2,200円)」を。


RIMG1763_convert_20120701095923.jpg

どうしても食べてみたかった、
「比内鶏塩焼き(1,200円)」と「じゅんさい酢(630円)」も。


RIMG1762_convert_20120701095907.jpg

まず「じゅんさい酢」
秋田は生産日本一。
小さいほど味がいいと言われます。
ゼラチンに包まれたぷるんぷるんの
若い芽をさっぱりとした土佐酢で頂きます。

RIMG1734.jpg

続いて、比内地鶏!
ここ大館町は比内地鶏の故郷であり一大産地。
美味しんぼ56巻「恋のきりたんぽ」でも
登場したあのブランド鶏です。

RIMG1745.jpg

・・・やっぱり違う。
全然違う。

肉質の柔らかさ、赤身の味の濃さ、脂の旨味、
どれをとっても普段食べてる鶏肉とは
まったく別物です。結構食べたけど、
さっぱりしてるので、お腹にすとんとおさまるのです。

RIMG1749_convert_20120701100049.jpg

主役のきりたんぽ登場!
比内地鶏100gに、きりたんぽ。
ねぎ・せり・舞茸・ささがき牛蒡。

RIMG1739.jpg

きりたんぽは1本。
写真だと小さく見えるけど、
市販のきりたんぽの倍以上。
秋田産ささにしきでご飯2膳半あるそう。

RIMG1740_convert_20120701100009.jpg

もちろん自家製です。
ご飯のつぶつぶを残した状態。
表面はこんがりと焼かれてます。

RIMG1743.jpg

秋田美人が作るウハウハ王様気分のきりたんぽコース  
・・・ではなく、これがこちらの名物。
目の前で店員さんがきりたんぽ鍋を作って、よそってくれるのです。
それも「ねぎっこ」とか「鶏っこ」とか、「っこ」をつける
秋田弁で。これがまたとってもキュート♪

RIMG1741_convert_20120701095942.jpg

・・・んめえ!!
このスープの密度の濃さといったら。
比内地鶏の甘み・旨みだけでなく、
牛蒡の風味、葱の甘み、せりの苦味が
スープに凝縮されています。

野菜たちも味が濃い!
久々に「せり」食べたけど、
独特の芳香と苦味が印象的でした。

RIMG1754.jpg

主役のきりたんぽ。
結構煮込んでもまったく煮崩れしません。
スープが浸みこんで・・・あ~美味しかった!!

RIMG1758.jpg

ボリュームも結構あります。
盛り付け時の写真であと3~4杯分はあるかな。
ごちそうさまでした!
今度は家族で来ますね!

元祖 むらさき




関連ランキング:郷土料理 | 東大館駅


スポンサーサイト

テーマ : ご当地名物
ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェラガモ バッグ

No Cafe, No Life むらさきの「きりたんぽ」と「比内鶏」

オリジナル干し餅作り始まる

大館市比内町大葛の森越集落で、住民グループ「初花月の会」が特産化を目指している干し餅作りが始まった。三日月のような形のオリジナルで、「初花月」の名で2011年から製造している。来月25、26日の「比内とりの市」で販売する。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まなちん

Author:まなちん
愛知県出身。
仙台市在住の
おっさんです。

カフェを愛してます。
食べログカフェ部門全国NO1

食べログレポはリンクから!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FCカウンター
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。