スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰掛庵の「宇治金時みるく」

天童市内にある和菓子屋さん。

天童公園の西。
出羽桜美術館東の住宅街の中。
ナビがなかったらまず辿り着けない
細い路地の奥にあります。



実は今年2度目の訪問。
開店45分前に着いたのですが、
駐車場はすでに半分埋まってて、行列が。

R0014391_convert_20120812211926.jpg

お目当てはこちら。
夏しか食べられないかき氷。

R0014396_convert_20120812211943.jpg

写真は前回お伺いした5月のもの。
喫茶スペースは5卓、約18名が定員。
相席はないため、土日の混雑時は
1~2時間待ちということも。

R0011595_convert_20120812211812.jpg

注文してしばし待ちます。
おしぼり可愛いでしょ。

R0014409_convert_20120812212007.jpg

私が頂いたのは「宇治金時ミルク(580円)」。
職人さんが手作業で削る氷はふわふわの食感。
よくあるかき氷とはまったく別物です!

シロップも粒餡もすべて自家製。
語弊があるかもしれないけど「変な味がしない」というか。
甘すぎるとか、後味が残るとか。
ひっかかるところがまるでないんです。

ミルクは普段かけないけど、
オススメされて。正解でした!

※こしあんのメニュー(しるこって名前)もあります。

R0014411_convert_20120812212028.jpg

妻と子供は「木いちごとすぐりミルク(630円)」をシェア

木いちごとすぐりの自家製シロップに
すぐりがのってます。

すぐり=ブラックカラント=カシスのことだそう。
カシスって呼ぶと雰囲気ないけど、
和菓子屋さんらしいですね。

こちらも何口か頂いたけど、
間違いないですねー。

R0014418_convert_20120812212053.jpg

一緒に頂いた「だだわらび(220円)」
だだ茶豆の餡をわらび粉の生地で包んだもの。
こういうお菓子って餡の個性が強すぎる場合が多いけど、
もうお見事!と感じる寸止め感。わらび生地が素晴らしいです。

R0014437_convert_20120812212119.jpg

「わらびまんじゅう(160円)」も。
名物わらび餅より少ししっかりした食感に感じられました。
1個を4人で分けて頂きましたが、もう皆うっとりー(笑)
わらび餅ももちろん持ち帰りで。

R0014443_convert_20120812212140.jpg

またお伺いしますね!

腰掛庵




関連ランキング:甘味処 | 天童駅


スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まなちん

Author:まなちん
愛知県出身。
仙台市在住の
おっさんです。

カフェを愛してます。
食べログカフェ部門全国NO1

食べログレポはリンクから!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
FCカウンター
フリーエリア
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。